知床グランドホテル&リゾート 北こぶし

SHIRETOKO THE WORLD NATURAL HERITAGE

世界自然遺産 知床。世界へ誇る秘境「シリエクト」

「シリエトク」(sir-etok) とは、アイヌ語で「陸地・大地」(sir) の「先端・前」(etok) を意味し、
「大地の突端(行き詰まり)」を表す言葉で、知床の語源でもある。
人間を寄せ付けない地形・環境が残され、野生動物たちの聖地がここに在る。

世界自然遺産

文明を超越した野生の領域へ

文明を超越した野生の領域へ:イメージ 文明を超越した野生の領域へ:イメージ

知床、そこは厳しい極寒の自然環境をする生き抜く野生動物たちに出会える地

知床、そこは厳しい極寒の自然環境をする生き抜く野生動物たちに出会える地:イメージ 知床、そこは厳しい極寒の自然環境をする生き抜く野生動物たちに出会える地:イメージ

深い青色の海と流氷が織りなす幻想世界へ

深い青色の海と流氷が織りなす幻想世界へ:イメージ

知床の自然環境

知床は多くの海洋性及び陸上性の種にとって特に重要であり、これらの中には、シマフクロウ、オオワシ、オジロワシ、シレトコスミレなど多くの希少種が含まれています。知床は多くのサケ科魚類、トドや鯨類などの海棲ほ乳類にとって世界的に重要です。知床は国際的希少種である海鳥類の繁殖地及び越冬地となっており、これらの種の存続に不可欠な地域となっています。

知床は流氷が育む豊かな海洋生態系と原始性の高い陸上生態系が連続することによって複合生態系を形成しており、その特徴のある相互関係が評価されました。

知床の自然環境:イメージ
指定区域:イメージ

指定区域

登録日
2005年7月17日 18時30分[日本時間]
南アフリカ共和国 ダーバンで開催された第29回世界遺産委員会にて登録
区域
北海道斜里郡斜里町及び目梨群羅臼町
面積
71,000ha(海岸線から3kmの海域部分を含む)

開拓の歴史知床100m2運動

知床にも開拓の歴史があります。
1915 年頃からはじまった入植は、1950年代、国の入植政策などにより最盛期は60戸の居を構えるほどになりました。
その後、社会環境の変化、政府の方針転換などから1960年代から離農が進み、最後の1戸が1973年に離農し、開拓の歴史に幕を閉じました。

1964年に、知床が国立公園に指定されると、乱開発から開拓跡地を守るため、77年「知床100平方メートル運動」がはじまります。知床を訪れた観光客や世界中の賛同者からの寄付により、斜里町による開拓跡地の買い取りが進められ、2010年11月に最後の開拓跡地を取得し保全対象地すべての取得が完了しました

現在は、「知床100平方メートル運動森・トラスト」として原生の森を再生しようという未来に向けた取り組みが続けられています。

しれとこ100平方メートル運動について詳しくはこちら

知床岬

ウトロでは半日時間を作って、半島の西海岸を船に乗って知床岬を目指すことをおすすめする。
車では断崖絶壁が続く知床の姿を目に焼き付けることができないからだ。
400人乗りの知床観光船内に売店やトイレがあり、安心して大自然を楽しむことができる。
客席もゆったりとしていて夕方になると日没も美しい。
甲板に立つと海鳥をはじめ、知床の野鳥たちとの対話も楽しめる。
それでは海の旅へクルージング!

知床岬イメージ
フレペの滝(乙女の涙)

フレペの滝(乙女の涙)

船に揺られること15分、まず始めに現れる滝がフレペの滝である。
入り江に船が停泊すると岩肌より滲み出る滝が海にしたたり落ちる。
真上より眺めるフレペの滝とはまた違った美しさが味わえる。

男の涙

男の涙

乙女の涙と同じように入り江の岩肌より滝が滲み出ている。
その豪快な流れはまさに男の涙といえるだろう。

カムイワッカの滝

カムイワッカの滝

硫黄山を背にカムイワッカの湯が海に流れ落ちる様を見渡すことができる。画像は、硫黄山が奥に見えるカムイワッカ湯の滝。

知床五湖

知床五湖イメージ

知床の話に花が咲けば、間違いなく一番はじめに話題となるのが知床五湖だろう。
それくらい知床の魅力を集約していると言って良い。
入口から五湖を1周すると90分は必要なため、ほとんどの観光客は高架木道から一湖を眺めて引き返してしまう。
しかし三湖以降は小さく美しい湖で、深い森が広がり本当の知床の姿を満喫することができる。

知床五湖イメージ

知床五湖高架木道

車いすでも利用できるよう、段差がなくバリアフリー構造。 高さが2mあり、ヒグマ対策として電気柵が併設されているので安心です。 泥でクツが汚れることもなく、山、海、湖、野生生物・・・と、知床の自然を 快適にお楽しみいただけます。

知床五湖地上散策路は、時期により利用ルールが異なります。
詳細は「知床五湖|二つの歩き方ウェブサイト」をご覧ください。

羅臼岳登山

羅臼岳登山イメージ

日本百名山の一つに数えられる羅臼岳。
知床連山で最も高い標高1661mは本州の3000m級の山の自然状況に匹敵する。
しかし基本的な装備さえ用意しておけば気軽に高山植物を楽しむことができる。
頂上からは両側を海に挟まれた知床半島を一望できる。

アクセスガイド
知床グランドホテルより車で約25分
上り4時間20分、下り3時間30分
岩尾別温泉木下小屋横から登山道へ [冬期不可]
清涼な森を抜けイメージ

清涼な森を抜け

谷筋を埋める雪渓を登りイメージ

谷筋を埋める雪渓を登り

山頂を前に休憩イメージ

山頂を前に休憩

羅臼岳頂上到着イメージ

羅臼岳頂上到着眼下には知床半島、羅臼の町、オホーツク海が広がる。

ページtopへ戻る