PRESS & NEWS

クマ活 第三弾&第四弾!

世界自然遺産 知床。
北海道の自然を代表する大型哺乳類
ヒグマの高密度生息地として有名ですが、
知床のヒグマ問題は深刻化しています。
ヒグマの人慣れや
ヒグマ渋滞(ベアジャム)の発生、
市街地への侵入などなど

この問題を解決するべく、
私たちは「クマ活」を行うことにしました!

知床北こぶしグループの60年の恩返しとして、
知床をつづけていく活動に本気で取り組みます!!

6月17日と18日の2日間で草刈りを行いました🌱

今回の活動場所は、先月5月にクマ活を行った場所の続きとそこから崖を降りた先にあるイタドリの藪です。
この場所は昨年6月、ウトロの街に入り込んでしまったヒグマが身を隠して潜んだ場所でもあり、
またこれら笹薮はヒグマが誤って街中へ近づいてしまう原因ともなります。

 

 

成長して硬くなったササの藪と見上げるほどの高さがあるイタドリの藪

しかも今回はかなり急斜面な場所も多く、雨が降ったこともあって足場も悪い場所がありましたが

私たちは果敢に立ち向かい見事に打ち勝つことができました!!!

 

 

今回はパワーアップし、ホテルスタッフや知床財団の方だけでなく
多くの地域の方のお力を借りることができました!

知床財団

Office albireo(写真家・カフェ)

ピッキオ知床

知床しゃり

観光船ドルフィン

ゴジラ岩観光

他にも環境省、ウトロ支所、北海道庁などなど。本当にありがとうございます!

もちろん、当ホテルからは社長や専務、総支配人の姿も!

 

国道沿いの藪も刈ることができましたので、
知床を訪れるお客様も快適に、そして子供たちも安全に通ることができると思います。

 

 

今後とも知床北こぶしグループはクマ活、知床をつづけていく活動に取り組んでいきます。