PRESS & NEWS

冬には「流氷サウナ」に!日本唯一・世界遺産を望むデザインサウナが誕生

皆様、お待たせ致しました!

当館大浴場にあるサウナのリニューアルがついに終了し、6月19日(土)よりオープンいたします!

新設予定のサウナ室には、風景をパノラマで切り取る大きな窓を設置。眼下には、世界自然遺産である知床の大自然が広がります。連なる山々と雄大なオホーツク海に、すべるように飛ぶカモメと海原はるかを行き交う漁船や観光船。テレビはなく、聞こえるのはほのかなBGMのみ。水風呂で体を引き締めた後は、露天スペースに設置された外気浴用の椅子で澄んだ空気を体いっぱいに取り込み、心も体もしっかりと”ととのって”いただけます。

今回のサウナリニューアルは、サウナー専門ブランドやサウナのプロデュースを手がけるTTNEが監修。ダイナミックな流氷をイメージして直線的なデザインを力強く表現した「KAKUUNA(カクウナ)」と、木の洞窟をイメージして緩やかな曲線でうねりを描いた「UNEUNA(ウネウナ)」が誕生しました。「UNEUNA」のうねりは、世界でも珍しい3D加工で木材を削り出して曲線を形取っています。

サウナストーブは、世界一のシェアを誇るHARVIA社のストーブを採用。ストーブを囲む壁面には六方石を使用し、知床の切り立った岩肌を表現しています。ストーブの上のサウナストーンは、地下30km以下の深部にあるマグマから生成されたものを使用しました。景色に加えて、建築からも知床の大自然を感じていただければ幸いです。また、サウナ内のBGMは、サウンドアーティストの松本一哉氏知床の地で環境音との即興演奏による録音・制作したドキュメンタルなサウンドを音源に使用しています。

知床は北海道の中でもロシアにほど近い場所に位置し北欧・カナダと緯度が近く、まるで海外にいるような異国感の中で、壮大なスケールの大自然を体いっぱいに味わっていただけます。この機会に、一人でも多くの方が足を運んでいただけることを願っています。

 

今回の「日本にまだないサウナ」の実現には、今般のサウナムーブメントを起こすTTNE・ととのえ親方のプロデュースや、最新技術を駆使した特注家具のチーム「アーティストリー」との出会いが不可欠でした。また、サウンドアーティストの松本一哉氏による知床で録音した環境音がより一層このサウナ室で知床を感じさせてくれています。

ご宿泊はもちろん、日帰り入浴でもご利用いただけます。(大型連休などは日帰りでのご利用をご遠慮いただいる場合がございます。お手数ですが、当日ホテルまでお問い合わせください。)

ぜひ知床にお越しの際は、世界自然遺産の景色の中で”ととのって”いただければ幸いです。

 

■TTNE・ととのえ親方やサウンドアーティスト・松本一哉氏からのコメントはこちらからご覧いただけます。

PR TIMES『冬には「流氷サウナ」に!日本唯一・世界遺産を望むデザインサウナが誕生』